<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

燃費は圧力によっても違う

気球のフライトにおいて、バーナー、球皮の状態など様々な条件で燃費が違うことはパイロットなら、経験上知っていると思う。

同じ機体、同じ離陸重量で飛んでいても、燃料圧によって、燃費が違う点も考慮すべきことの一つだ。

バーナーの設計で、効率の良い燃焼が得られるのは結構狭い圧力帯域になっている場合が結構ある。実際に飛び込んでみないとそのバーナーのそういった癖を知ることは難しいが、どのようなバーナーでも、もっとも効率の良い燃料圧の巾は限られている。

冬場は、外気温も低いことがあり通常の使用をする限り、燃費はかなり良くなるのが通例なのだが、ガス圧が極端に低い場合はこの限りではない。燃焼効率が悪くなり、燃費低下を招く。

さらに、燃料圧力が低い場合、炎は短くなり、開口部周辺からのヒートロスが多くなる。この要因からも、燃費低下につながる。エアロスターのような深めのスカートを装備していてもこのヒートロスはバカにならず、スクープなどでは更にこの傾向は強まる。

冬でもしっかり燃料を暖めるなり、窒素加圧し、適正圧力を確保してフライトすることが色々な意味で必要なことだ。
[PR]
by airspace_balloon | 2011-01-29 16:24 | 気球技術系

今週もゲストフライト

c0038946_15341083.jpg


今週も渡良瀬でゲストフライトをしていた。
中間着陸を2度して、ゲスト全部で6人を乗せ、そのあと、メンバーのトレーニングをして新幹線を越えて旧総和町の方に・・・

無線にチェースカー1台がはぐれたとの連絡・・・しばらく飛び続け、上から指示を出すが、だいぶ離れているようだ・・・

着陸後携帯で連絡。スマートフォンの地図GPS機能を駆使して誘導。無事合流して回収終了だった。

スマートフォンかなり気球でも使えると思った。
[PR]
by airspace_balloon | 2011-01-25 15:37 | 気球一般

2011年初フライト

今年の正月はすっかり風邪で寝込んでしまい、初フライトは9日になった。

メンバーの気象予報士の予報では、サーフェースは弱いが上はあるとの話・・・

渡良瀬に着くとやはりそのような風だった。南西方向からの風なので、南に移動、ハート池の西側から離陸。

サーフェースはともかくすぐ上にはかなり速い風があり、離陸後すぐに、ピリッとする。
上の風が降りてこないことを祈りつつフライト。なんせ、初フライトのゲスト3人を乗せての離陸だったので・・・

幸い、サーフェースはそれほど風も上がらず、1時間ぐらいのフライトで、12キロちょっと飛んでファイナル。そこそこ楽しめるフライトだった。
c0038946_11251158.jpg

[PR]
by airspace_balloon | 2011-01-12 11:25 | 気球一般