<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

横浜では春一番です(たぶん)

当地横浜では朝から徐々に風が強まり、江ノ島ヨットハーバーのデータを見ると瞬間25mオーバーの風が吹いているようです。
これは春一番になるんだろうなぁ・・
数日前の豪雪の小千谷と、この風・・・
色々気象上の出来事に思いを巡らす今日この頃です。

花粉が今日あたりから飛び出すらしいです・・花粉症の症状はまだ出ていないんですが、アレルギー検査で杉花粉の抗体はかなりレベルが高いらしいので、いつでてもおかしくないと医者に言われたことがあるので、今年はちょっと怖いなぁ・・
[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-23 10:42

小千谷 風船一揆復興の陣追加

小千谷の仮設で子供たちがお世話になったお宅から帰るときの画像があったので追加しました。
c0038946_13405710.jpg

[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-21 13:42

小千谷に行って来ました

19,20日で小千谷に行って来ました。
関越道を北に向かって走って、被災地に入ると路面がだんだん荒れてきて、復旧はしているものの応急でやったのがよくわかりました。
c0038946_2261589.jpg

c0038946_2217018.jpg

19日早朝気球のフライト後着陸したのが小千谷市西中の仮設住宅のすぐ横でした。着陸後仮設にお住まいの老夫婦から声をかけて頂き、うちのチームの子供たち3人が機材を回収しているうちに、何故かそのお宅に上がり込んでいました!(笑)
お菓子などを頂き恐縮するばかり・・少しは気球と子供の訪問で喜んでもらえたのなら良いのですが。
それから、小千谷市内の各所で係留(ロープを使って体験搭乗)を行いました。市内5箇所で3~4チームずつ別れて行いました。私たちが指定場所に到着するとすでに富山の夜高BCが機材のレイアウト開始していたので、手伝いに回りました。インフレ後、うちの若手(と言っても38歳)のパイロットに任せて少し仮眠、さて交代するかなと思って起き出すと、余り搭乗希望者が居なかったので、1時間ちょっと早めに切り上げてしまいました。なんだかずっとさぼっていたようで(笑)
c0038946_2271731.jpg

それからいつも行く福桝という小千谷名物のおそば屋さんに行きました。毎年ここに来ているんですが、いつもはかなり混んでいるんですが今年は雪で駐車場は半分ぐらいに狭まっているし、地震でも被害があったそうで、お客さんも余り多くありませんでした。このあたりにも被害が出ているんでしょうね・・・ここでも帰り際に、子供たちにジュースを頂いてしまって・・なんだか子供たちは色々もらってばかり・・・

19日の晩は地元クラブ、参加チームや小千谷の市議の人などを交えた交流パーティー。この席で色々と話が聞けまた、この地震の大変さを実感しています。ここでも、市議の人に何故か名刺をもらう子供たち・・・

20日は朝から雨でフライトは出来ずキャンセルになりました。朝8時前にキャンセルになって、地元チームの人に朝からあけてくれそうなおそば屋さんはないだろうかと聞くと、交渉してくれました。
家族経営の昔ながらの 徳七があけてくれるとのこと!(感謝)
20人ほどで押しかけて朝からまたおそばとうどんを頂きました。
ここでも、子供たちはヤクルトやお菓子を頂く有様・・・どこに行っても今回は子供たちは色々頂きまくり、なんだかとても申し訳ないような・・
これらのおそば屋さんが大繁盛するようになったら小千谷が本当に復興したことになるのかもしれませんね。
[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-20 21:37

小千谷の準備にいそがしい・・

今年は10数年ぶりの大雪で、その雪原から気球を上げて回収するので、かんじきか、スノーシューがないとどうにもならないんです。それらを物置から出してきて・・・それと機材用のそりに古いスノーボードを集めて怪しいそりを制作中です(笑)

とりあえずこんな感じです。

c0038946_15293960.jpg

[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-17 12:42

風船一揆復興の陣

前にもこのブログに書いたのですが、次の週末2月19日20日の予定で、中越地震の被災地小千谷で「風船一揆復興の陣」と銘打った気球イベントがあります。
だいたい、スケジュールなどが決まってきたようで、本格的に準備しないと・・

今年はすごい豪雪なのでレイアウトから回収までの雪中作業が最大の難関だと思います。
オフロード系の4WDにチェーン巻いて出陣です(笑)雪原の真ん中から機材を引き出すための仕掛けも用意しないと・・
[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-14 18:38

停滞気味

ここのところバタバタしていて、仕事でもミス続き、フライトも金曜のスキーで足に合わないスキー靴で足が痛いし・・で、日曜日のフライト予定も何となく流れるありさま・・

ま、こういう風に流れのちょっと悪いこともありますね。って愚痴でした。
[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-14 14:24

ブログをもう一つ・・

以前からHPで「子供と気球で遊ぼう!」ってタイトルでページを作っていたんですが、これをブログ化しました。子供と気球で遊ぼう!!
[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-07 12:15

この週末は

この週末は渡良瀬に行くつもりだったのですが、風強くフライトはキャンセルです。
気球のフライト条件はかなり厳しく、早朝の風の穏やかな時間に主に飛ぶんですが、今週のように強い冬型、西高東低で等圧線が日本列島に4本も5本も立っているときはなかなか飛べないんです・・
そこでと言うわけではないんですが、今日久しぶりに出身大学の研究室に顔を出してきました。とても懐かしいのですが、建物がかなり建て替えられて綺麗になっていて、時間が経つのが早いもんだと思いました。
そそ、大学構内ではフジテレビ月9のドラマの撮影をやってました。うーんもう少しストーリーが面白いドラマだったら良いんだけど(笑)
[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-05 22:19

トレーラー良いですよ!

気球を運ぶ車輌は日本ではハイエースとかキャラバンなどの大型のワンボックスタイプのバンを使用している事例が多いです。しかし私は密閉空間に燃料容器を搭載することにどうしても抵抗があり、以前からピックアップトラックを使用していました。
しかしここのところのディーゼル規制と、ピックアップトラックの車種の減少で、適当な車がないこともあり、3年ほど前からミニバンでトレーラーを牽くようになりました。
3年前最初に買ったのがイタリア製のエレビというメーカーの小型のトレーラでした。ある面で遊び感覚で試してみたというのが正直なところです。300キロ積みで、慣性ブレーキ付きのこのトレーラーはさすがにトレーラーが普及しているヨーロッパメーカーの製品だけあり、なかなか良い物でしたが、いかんせんサイズが小さく、現在ではキャンプ道具を常に積んでキャンプ専用トレーラーとなっています。
c0038946_1223691.jpg

サイズの問題があったので、その後、サン自動車のトレーラーを購入しました。これは気球にはちょうど良いサイズで、現在はこれをメインに使用しています。慣性ブレーキが有ればもっと良いのですが、日本国内で慣性ブレーキ付きのトレーラーは製造されていないようなのでしょうがないです・・
トレーラー導入に関しては運転や法制度、費用などよく質問されるのですが、ローコストで、駐車スペースさえ有ればこれほど便利な物はありません。ただ一点、これだけはいつも困るのが、出先での駐車場です。ファミレスなどで停めるときに2台続きの駐車スペースがないと苦労してしまう場合があります。まだまだトレーラーが普及していない日本なのでしょうがないんですが・・・
c0038946_1252995.jpg

[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-03 12:07

エアマンシップとロープの結び方

エアマンシップって言葉があります。正確な意味の定義は結構曖昧ですが、この言葉が作られた語源とも言えるシーマンシップの意味は、どちらかというと基本技能という意味が強いものです。
**シップって言葉は日本語ではどちらかというと精神論だと思っている人が多いですが、それは一部分だけが抜き出されて強調されちゃっているんだと思います。
エアマンシップの内容は様々なパートがありますが、気球の世界であんまり教えられないのがロープワークです。気球のフライトの中で、インフレーションハーネス(クイックリリース)や、係留ロープをはじめ、機材のパッキングなどでロープを取り扱うことが多々あるにもかかわらず、その扱いについてはまったくと言っていいほどトレーニングの中で取り上げられません。
基本的なロープワークである結びかたとロープの束ね方ぐらいはちゃんと覚えておく必要があります。ボーラインノット(舫結び)、シートベント(ひとつえつぎ)、エイトノット(8の字結び)ぐらいは基本として目をつぶっていても出来るぐらいになっていないと・・・また長いロープを束ねる方法、係留ロープを4折りにして編むやり方が良いと思います。余談ですが、このやり方の呼び方はないようですが、気球界では15年ぐらい前にカナダ人(デール・リッチー)によって、私が教えてもらったのが最初だと思います。現在結構広まっています。
50mぐらいある係留用ロープをフィールド上で歩いて引きずりながら2つ折りにし、それをさらに4つ折り、それを端で一結び、そこから編み上げて最後は中に通しておしまい。このやり方で編んだロープはほどくときもつれることがないので、大変便利です。一般的なロープワークで教えられる巻いて縛るやり方だと、ほどき方を間違えると、グチャグチャになって収拾つきませんから・・
[PR]
by airspace_balloon | 2005-02-01 17:06