カテゴリ:気球一般( 109 )

HEADの機体の細部

c0038946_21281176.jpg


台風の影響でのびていたHEADの新しい機体のテストインフレーションを行いました。細部のチェックをしながらの作業でした。

c0038946_212903.jpg
パラシュートのベルクロ部分。ゴア数も多いが、ベルクロのサイズは小さい。センタライジングラインはケブラー、シュラウドはポリエステルライン。
c0038946_21291473.jpg
開口部ワイヤの末端は4箇所で違った色のテープでばらけないように縫製されていて扱いやすい。スカートの左右2箇所にループがあり、ここにカラビナを取り付けて整理する。
c0038946_21292882.jpg
クラウンロープの先端にはトグルが取り付けられている。
c0038946_2129483.jpg
パラシュートのセンター付近にクラウンロープからラインが取り付けられていて、レイアウト時に引き出す作業を楽にする機能がある。

c0038946_213007.jpg
センタライジングラインを球皮本体に結ぶ分の縫製を外側から見る。X字状にテープをジグザグミシンで縫製してあり。ジグザグを使用しているのは最も強度を必要とするこの部分だけ。
c0038946_21301377.jpg
開口部のワイヤー取り付け部。ヨーロッパメーカーのようなワイヤー取り付け部のカバーはない。私の知る限り、アメリカのメーカーではこの手のカバーを使用している事例はない。

c0038946_21302581.jpg
インフレ中の内部、リップラインは滑車を用いたオーソドックスな方法だが、片側のサイドはVラインを使用しややダイレクト気味に誘導されている。ヨーロッパ的なデザインと、アメリカ的デザインの混在。リップラインは太くて引きやすい。
c0038946_21303697.jpg
開口部ワイヤー取り付け部とスカート取り付け部。スカートは小さなナスカンのような金具で取り付けられている。スカート上部はエアロスターのカーブを描いたものではなく直線的。ファイアーフライトも違う。

c0038946_213052100.jpg
球皮袋は下半分が防水素材、上半分はコーデュラナイロン。エアロスターのものによく似ている。下半分は防水素材ではあるが、エアロスターのように2重にして目止めまでされた完全防水ではない。その分軽いが。草の上を引きずるには使いやすい。
c0038946_2131472.jpg
開口部1パネルはノメックス。エアロスターにある開口部をさばくラインはない。
[PR]
by airspace_balloon | 2007-09-17 21:31 | 気球一般

HEADの特徴

HEADの球皮の特徴を簡単にまとめてみる。

素材はエアロスターが以前使ってた18OZ程度のナイロンファブリック。コーティングはやや強めにかかっているような感じがする。しなやかで、裏表がはっきり解る素材。コーティングはエアロスターとは違う。

ロードテープも織り方が違う。柔らかくナイロンと思われる。

縫製はポリエステル糸、2本針の針巾がエアロスターより広い。カメロンなどの倍ぐらい有るだろうか。

センタライジングを固定する部分は十字に補強が縫われ、ジグザグで縫製されている。

パラシュートのベルクロは余り大きなサイズの物が使われていない。まだインフレしていないので、詳細は不明。

開口部のスカートを吊る金具などは小さなカラビナ上の金具で簡単に取り外せる。エアロスターはベルクロ固定だった。

スカートの下端に入っているバネはエアロスターに比べると柔らかい。ファイアーフライト同等か少し強いぐらい。

球皮袋下半分は防水素材。1重。エアロスターは2重。重量的には軽い。

リップはダイレクト。

105サイズの機体重量はエアロスターより少し軽いようだ。

インフレ後、さらに詳細を書く予定。
週末台風次第なんだが・・
[PR]
by airspace_balloon | 2007-09-06 00:43 | 気球一般

気球 新規取り扱いメーカー

c0038946_23285386.jpg
今度取り扱いを開始したHEADと言うメーカーの球皮が入った。

c0038946_2329824.jpg
アメリカで20年以上前から小規模ながら製造を続けているメーカー。その機体を取り扱うようになり、最初の一機が最近入荷した。クオリティーはよいのだが、年間製作機数はそれほど高くないので、納期が受注残があるととても長くかかるのがやや問題か・・特にアメリカではエアロスターの製造終了後、受注が多いらしく結構待たされた。

エアロスターに似たような所も多く、リプレースエンベロープとしてはなかなか良さそうだ。入荷後横断幕取り付け用のベルクロを追加したり少し加工し、オーナーの元へ・・

ちなみに105サイズの機体。
c0038946_23291952.jpg

[PR]
by airspace_balloon | 2007-09-02 23:29 | 気球一般

柏崎 地震

柏崎で地震があった。
柏崎には古くからの気球乗りが何人か住んでいるのでとても気にしていたが、無事とのこと。
何よりです。とは言っても色々大変なことと思います。

何かできるかな・・
[PR]
by airspace_balloon | 2007-07-18 16:49 | 気球一般

なんで・・・

彼はいつも温厚な雰囲気を絶やさなかった。優しい人柄から最近は学生のトレーニングを頼まれることが多かった。学生たちの無理なスケジュールにも気持ちよく答えていた。
色々思い出すことはある。まだ私は、なんで?と言う部分から抜け出せないで居る。
奥さんやお子さんの「なんで?」という気持ちも察してあまりある。

なんでなんだ?沖野さん・・言葉が見つからない・・
[PR]
by airspace_balloon | 2007-06-26 23:57 | 気球一般

羽生その2  利根大堰

c0038946_18521276.jpg
c0038946_18522150.jpg


羽生スカイフェスタのランチサイトは利根川の河川敷なのですが、その少し西側に利根大堰があります。2日目の朝のフライトはこの方向に飛んでいき、大堰のすぐそばにランディングしました。
ここのバックウオーターは海から遠い群馬や栃木のカヌーやセーリングを趣味にする人には近場の貴重な水面になっているようです。
当日もウエークボードをしている人たちがいました。
[PR]
by airspace_balloon | 2007-05-14 18:54 | 気球一般

羽生スカイフェスタ2007

c0038946_025234.jpg


2週続けて気球大会参加してきました。埼玉県北部の羽生市で毎年開催されている羽生スカイフェスタです。奇しくも秋田と同じ31機のエントリー。競技系ではないローカル大会好きが多く集まっていて、先週秋田であった顔も結構多く居ます(笑)
関東のシーズン最後の大会でもあり楽しんできました。

今年はどうもサーマル気味の風に嫌われ、ターゲットをはじかれ、成績はふるいませんでした。また来年楽しみに行きます。

c0038946_0272925.jpg

c0038946_0274347.jpg

[PR]
by airspace_balloon | 2007-05-14 00:27 | 気球一般

秋田スカイフェスタに行ってきました

c0038946_131894.jpg
c0038946_13103379.jpg


GW後半は秋田スカイフェスタに行ってきました。
ここ何年もスケジュールが合わず参加できていませんでした。たぶん7~8年ぶり。しかもフル日程ではなく4日朝からの参加でした。

c0038946_13112798.jpg

GW中とはいえ、3日の夜横浜を出てから高速はすべて快調に流れ、渋滞も混雑もありませんでした。ピークを外したのでウソのような交通量。4日の朝は絶好のフライト日和。横手市の旧大雄村にある柴のグラウンドから離陸し、なんやかや20キロ以上、2時間以上のフライトを楽しめました。着陸場所は大仙市旧仙北町の北側で、回収後そのままここからほど近い角館に向かい観光をした次第です。

c0038946_1312018.jpg

角館の桜は武家屋敷のしだれ桜はやや葉桜気味、檜木内川の河川敷のソメイヨシノは満開状態でした。

桜は種類により開花時期が色々なので、十分に花見を楽しめました。
[PR]
by airspace_balloon | 2007-05-07 13:12 | 気球一般

チューリップバルーンフェスタに行きました

c0038946_7564183.jpg


4月14,15日に富山県砺波市で開催されたチューリップバルーンフェスタに参加してきました。
母方の実家が富山であることもありここの大会にはちょくちょく顔を出しています。去年は都合悪く2年ぶりになります。今年はレディース部門があるので、アロエ嬢をパイロットにたて、レディース部門ねらいです。余り関東から参加するチームがいない大会でもあり、北陸や関西方面の気球が多く参加しています。これは昨年12月の琵琶湖でも同様です。

初日は、雨風強くどうにもならない天気、チューリップ畑を背景に写真を撮ってくるというタスク・・・で、我がチームはメンバーの子供、まだ0歳のフミカ嬢をチューリップ畑に座らせ大きな口を開けて泣く様を撮影・・・

その後、金沢に観光に向かい(砺波から金沢は20~30分の距離です)、兼六園を散策・・・でも寒いし雨も降るしで、早々に退散し、近江町市場で寿司屋に・・それから温泉に行ってボーリングして・・・夜のパーティーといった流れでした。

c0038946_8189.jpg


二日目は、うって変わって絶好のフライト日和。
競技後中間着陸を繰り返し、総勢15人乗りました。フミカ嬢の初フライトもできました。

なぜかレディース部門優勝ももらい、なかなか楽しめた大会でした。

c0038946_865345.jpg

今年は暖かかったせいか、すでに水が入った田んぼもチラホラ。こういう風景もなかなか良いですが。
[PR]
by airspace_balloon | 2007-04-17 08:07 | 気球一般

おひな祭り+1日



3月4日に渡良瀬でフライトしました。おひな祭り+1日ということもあり、うちのチームの女性パイロット、アロエ嬢がP1でフライトしました。同乗者は子供が3人+もう一人女性で女性ばかり5人。上空では子供たちがあっちへ行け、もっと下ろせと、P1に無理難題をふっかけたとか・・アロエ嬢は自分が下手だとしきりに言っておりました(笑) (実は結構うまいんですけどね)
c0038946_2273880.jpg

教科書通りのインフレ作業をしています。

c0038946_22193972.jpg


c0038946_89579.jpg

[PR]
by airspace_balloon | 2007-03-08 22:10 | 気球一般