湿度が気球の浮力に及ぼす影響の考察

随分久しぶりの投稿ですが、生きてます(笑)


気球の浮力計算において、通常使われるロードチャートでは乾燥空気とモデル大気を基本として行うのが通例だ。これは欧米の気球の世界でもほぼ同じなのだが、日本独特とも言える高湿度高温でのフライトの場合湿度を計算に入れるべきではないだろうかと以前から思っていた。

実際のフライトでは正確な温度計を取り付けていればその誤差は即座にパイロットは認識できるが、温度計を取り付けてなかったり、温度ヒューズなどに依存している事例も多く、このあたりは一度考えてみたほうがいいのではと、以前から思っていた。

人間の感覚では湿度が高いとモワッとして空気が重く感じるが、物理的には水の分子のほうが酸素や窒素よりも軽く、湿度が高いほど空気密度が小さくなる。同じ気温なら、湿度が高いと標高が上がったのと同じことが起こる。気温が低い時より、より多くの水分子を内包できる高温の時ほどその湿度に因る影響が大きくなる。


夏場の渡良瀬などは机上計算のロードチャート以上に球皮内温度が上がることが時々ある。この原因の大きな要因が湿度の高さに起因している。正確な温度計とロード計算をしていないと、ちょっと重いかなぁと思うぐらいで終わってしまうが。


夏場は、外気温の高さ、湿度の高さの両面から空気密度が小さくなり、気球にとっては冬場に比べて、浮力が得にくい上、温度を上げることにより球皮へのダメージも大きくなりやすい。まったくアバウトな話だが、湿度が高い夏場は、温度に換算して2~3度ぶんは湿度に寄る影響を受けていると考えて飛ぶべきだと思う。このような微妙な変化や影響は机上のロード計算では得にくく、正確な温度計に寄る離陸時の温度管理によって把握するしか無い。自分の場合離陸時浮いた時の球皮内温度をチェックするのが離陸時のシーケンスになっている。
[PR]
# by airspace_balloon | 2016-06-15 21:10 | 気球技術系

Nexus7のGPSはWAASや準天頂衛星に対応している

先日発売日に注文したNexus7を色々使って遊んでいるのだが、搭載しているGPSチップが準天頂衛星に対応しているという話はあったが、実際に衛星番号190番台のそれらの衛星を補足することがないので、ファームウエアが対応していないと思っていた。また、WAASの42と50番もも補足しないので、これにも対応していないんだと思いこんでいた。

先日何気なく衛星補足画面を表示させていたところ、突然42番を拾い出したのだ。だが・・・ずっと拾っているわけではなく、ちょっと拾っては、すぐに消えるような感じで・・・でも間違いなく42番を補足しているようだ。

c0038946_12433398.jpg



また、ネットを色々検索していくと、準天頂衛星を拾っても衛星番号が01になるという話があった。01番のGPS衛星が見えているときは、準天頂衛星が表示されないという話も。

また、準天頂衛星と、GPS衛星の01番を交互に拾っている様子を動画にしてみた。
http://www.youtube.com/watch?v=mtBTrgIi_-0

この両方の新しい衛星に対応しているNexus7。電池の持ちの良さなどもあり、気球で使用する下手なハンディーGPSよりこれの方がはるかに使いやすいかもしれないと思っている。
[PR]
# by airspace_balloon | 2012-10-19 12:57 | 気球技術系

Nexus7にフライトマップを入れる

しばらく更新をさぼっていた・・・

先日グーグルの新しいアンドロイドタブレット、Nexus7が来たので、早速フライトマップを入れてみた。

c0038946_15242390.jpg


大きい方がNexus7 小さい方は、Xperia GX 7インチと4.6インチの差はこんなに大きい。
アプリは、OruxMaps 

色々変わるフライトマップもデジタルが便利かも。
[PR]
# by airspace_balloon | 2012-10-04 15:25 | 気球一般

新しく作った機体

新しく製作した機体。

c0038946_14215018.jpg


1840m3の機体。このタイプの機体に初めてスカートを製作したが・・・インフレテストであわてる・・・シワが多い・・・型状が微妙に変だ・・

c0038946_14224875.jpg


改めて設計プログラムをチェックするとスカートの設計の基礎データが間違っていたことに気がつく・・・

開口部直径が30センチも大きい・・・105の機体のデータと入れ替わっていた・・・やれやれ・・・105の機体ならフィットするはず。作り直し・・・
[PR]
# by airspace_balloon | 2012-04-09 14:25 | 気球技術系

ノーメックス素材、ギリギリで間に合った・・

先週裁断をしていて、あと数mというところで足りなくなったノーメックス・・・

代理店に同じ色の在庫が一反だけ残っていて、セーフ!

無かったらかなりやばかった。

カーボン繊維を補強で入れて有るやや特殊なノーメックス。3mもあれば、足りたのだが・・・一反で買わなければならないのが辛いところ・・・しばらく残りは在庫に・・

c0038946_1149374.jpg

[PR]
# by airspace_balloon | 2012-04-05 11:51 | 気球技術系

DBI Pocket

制作中の機体のパラシュート部分に取り付けたDBI用のセンサーポケット。エアロスターのデザインを踏襲している。

c0038946_12175489.jpg
c0038946_12174060.jpg
c0038946_12172985.jpg

[PR]
# by airspace_balloon | 2012-03-23 12:18 | DBI

New Fabric

c0038946_1129050.jpg


新しい購入先からのファブリックがやっと届いた。ちと忙しくなるかな。
[PR]
# by airspace_balloon | 2012-03-06 11:29 | 気球技術系

おぢや風船一揆2012

c0038946_2051836.jpg


今年も、小千谷の風船一揆に行ってきた。

今年は例年よりも雪が多く、ニュースで伝え聞いた豪雪だった。

残念ながら天候が悪くフライトは出来ず。夜のグローだけ、雪がやみ出来た。


まぁ、へぎそばも食べたし、栃尾の油揚げも食べたし。まぁいいか・・・
[PR]
# by airspace_balloon | 2012-03-01 20:07 | 気球一般

訃報が続く

ここ1週間ほどの間に、海外の気球関係の知人が2人亡くなった。

10日に、アメリカでアラン・ブラントが亡くなった。

1993年に世界チャンピオンになったパイロットで、今まで数回会って話したり、食事をしたりした。物静かな紳士で、コーヒーは飲まず、紅茶ばかり飲んでいたのが印象に残っている・・・最後にあったのは2008年のザルツブルグでの国際気球委員会の席だった。

17日には、イギリスでジャネット・フォルクスが亡くなった。
彼女は、自分とほぼ同い年ぐらいで、1980年代の終わり頃、日産で研究の仕事のために日本に滞在していた。まだその頃は駆け出しの気球パイロットだったが、その後どっぷりと気球にはまり、女性の世界記録や、ゴードンベネットレースに出たり、広範囲に活躍していた。日本にいた頃や、アルバカーキなどでも何度も会って話したりもした。彼女に最後にあったのも2008年、ザルツブルグだった・・・

二人ともそんなに密度が濃いつきあいでもないし、知人程度なんだが、なんだか寂しさを感じている。
[PR]
# by airspace_balloon | 2012-01-18 19:59 | 気球一般

イニシエーション

アメリカで気球を飛ばしていて、現地の人を何度も初飛行させた。

その時、フライト後イニシエーションと呼ぶ儀式を行ったりする。

イニシエーションの言葉を読み上げ、シャンパンをぬき、それをカップに入れて大地に置いて、それを手を使わずに飲んでもらう。



The winds have welcomed you with softness
The sun has held you in his warm hands
You have flown so high and so well
That God has joined you in your laughter
And set you gently back down
Into the loving arms of Mother Earth.
[PR]
# by airspace_balloon | 2011-12-06 11:00 | 気球一般