バスケットの皮

c0038946_167913.jpg


1987年から使っているバスケットの上部の皮を張り替えた。
さすがに20年余り使用しているので、かなり傷んでいた。

バスケット全体を高圧洗浄機で汚れを落とすように洗浄し、籐の部分にはチークオイルとミネラルオイルを混ぜた物を塗り込み、底の部分にはウレタンニスを塗った。

皮は、スムースレザーの1.5mm厚の素材。ネットオークションで安価にて入手。グリーン系の渋い色だ。

バスケットのメンテも入れて、2~3日の作業。リフレッシュしたバスケットは気持ちがよい。

皮をナイロンの黒い紐で編んだのだが、手にマメを作り、つぶしてしまった。
[PR]
by airspace_balloon | 2008-07-14 16:08 | 気球技術系
<< 最初の納品 極厚物用ミシン >>