訃報

ここ数日ブログにどう記載しようかずっと考えていた。
記載すべきかどうかも考えていた。

私が気球をはじめた25年前、すでに彼はまだ若い組織だった日本気球連盟で競技関係の活動をはじめていた。第一回から日本選手権の競技委員長を務め、私が優勝したときも、その後もずっと彼が日本の競技会開催時の競技委員長だった。

その後も私はスポーツ委員として、また理事として、様々な面で彼と関わり合うことがあった。ある面対立することすらあった。
2年ほど前、彼がアルバカーキにはじめていくとのことで、多くの情報をやりとりしたりし、その頃から何となくうち解けて話せるようになっていた気がする。先月も機材の件で色々電話で話したばかりだった。
その彼が6日月曜に倒れ、8日に亡くなり、昨夜が通夜、今日が葬儀という現実がどうにも理解し切れていない。

彼のブログが4日の更新を最後にされていないのを何度も確かめに行ってしまった。でもやはり更新はされない。昨年来アメリカに固定翼のライセンス取得に行っていたのを聞いていたので、そのブログの最後のページが、アメリカからライセンスが届いたと書かれているのが何とも悲しすぎる。

18日から始まる日本で三度目の世界選手権の競技委員長を彼は務めるはずだった。
その直前のこの様な死があってよいのだろうか?
何ともいたたまれない気持ちでいっぱいである。

角田正氏の無念さはいかばかりであったのだろうか・・・

合掌
[PR]
by airspace_balloon | 2006-11-10 08:10 | 気球一般
<< oyamaバルーンフェスタ2006 久しぶりの渡良瀬でのフライト。 >>