フィリピンレポート7 帰国後

昨日、13日夜のフライトで帰国しました。
後半2日ほどはへろへろに疲れていてブログ更新の元気も余りなく。ひたすら寝てました。

このアローという大きな犬の気球は普通の気球の3倍以上の労力が必要ですし、フライトそのものも、サイズもありますが、上空での航行弁がないので、自然冷却でしか降下できないため、バーナー操作は確実で非常に微妙な操作が着陸には要求されます。
着陸時の炊きすぎは致命的で、かといって上から突っ込むようなラインは絶対に取れません。
スムースなアプローチラインにイメージ通りにコントロールしなければなりません。

久しぶりに飛んだこともあり、初日は一度アプローチに失敗しましたがそれ以降は思いだしたようで、どうにかちゃんと飛んで、マーカーもちゃんとターゲット周辺に落としてきました。

大会後昨日はクラークのホリデーインからマニラ空港までホテルが手配したバンで移動でしたが、バンは途中の高速でタイヤがバースト・・ドライバーがモタモタしているので、日本車だったこともあり、私たちがとっとと作業を進めてタイヤ交換・・予定より1時間遅れでどうにかマニラ空港に到着しました。

さてデジカメデータを整理してもう少し画像をあげたいと思ってます。
[PR]
by airspace_balloon | 2006-02-14 14:13 | 気球一般
<< フィリピンレポート8 着陸場所は フィリピンレポート6 3日目も... >>