気球破棄

今日渡良瀬遊水池で久しぶりにフライトしたのですが、どんよりと曇り視界の余り効かない天気でした。フライトそのものはトレーニングフライトだったのでそれなりの事は出来たのですが、飛んで楽しい天気ではなかったのです。
その後、遊水池そばの倉庫にしまわれていた機材を引き取りに行きました。この倉庫は某クラブの倉庫で、15年以上前、そのメンバーらと共同で購入した77サイズの機体がしまわれていました。飛行時間そのものは150時間ぐらいの機体だったのですが、事故などもあり破損していて、ここ5年ほどはほとんど使われずに放置されていました。
久しぶりに引き出してみると、倉庫の雨漏りで濡れたようで、湿気が溜まり、多量のカビが生えていて・・・・破棄を決めました。
バスケットも車から転落する事故での破損があり、修理すれば出来なくはないのですが、その後の使用目的も見えず、これも破棄する事にしました。
何とも寂しい限りですが、保管場所、使用状況を考えの判断でした。
かつてこの機体で何度か日本選手権で飛んだ事もあり残念ではあります。

記念に機体のシリアルナンバー等を刻印してあるプレートを切り取ってきました・・

古い機材は使いようがないものも多いのですが、やはりいずれは破棄せざる得ないのですよねぇ・・ちと寂しいです。
[PR]
by airspace_balloon | 2005-10-30 19:54 | 気球一般
<< フライトトレーニングログ10月30日 GPSのHP >>