パラシュートの張り替えは結構手間がかかる

c0038946_2054921.jpg


400時間以上飛んだ機体のパラシュートを新しい物に入れ替えたのだが・・・
全く同じ裁断で作られたパラシュートに入れ替えたが・・・当初、収縮変形している球皮本体と、新しいパラシュートの調整がうまくいかず少し開き気味に・・・

センタライジングを全く同じ位置で取り付けたところ、球皮の収縮もあり長すぎたようで、3センチほど詰めてほぼ問題なく。

しかし、微妙にセンターに来ない感じがあり・・・現状でぴったり合わせても少し飛ぶと今度は短くなりすぎる気もするし・・・・もうちょっと詰めようかと思ったが・・・なじんでくると判断してもう少し飛んでもらうことにした。

新しい部分と古い部分の微調整はかなり難しい・・・
[PR]
by airspace_balloon | 2011-10-03 20:09 | 気球技術系
<< 体育館でバーナーを炊いたら・・ もうすぐ外に出られる >>