地震に伴う東北地方のバルーニストの安否情報

11日に起こった地震に伴う東北地方の気球関係者の安否情報をとりまとめました。


岩出山バルーンクラブ(宮城県大崎市)メンバーなど全員無事
矢巾バルーンクラブ(岩手県矢巾町)メンバーなど無事
東北大学気球クラブ(仙台市)確認できている範囲でほぼ無事とのこと、他の東北の学生気球クラブは無事の模様。
名取バルーンクラブ(宮城県名取市)
4名の無事は確認したが、他は確認できず。津波の被害の大きい海岸部に居住しているメンバーもいる。機材も海に近い場所にあったため流失したと思われるとの情報。安否確認できたのは、大久保、吉野、佐々木、三塚。
みちのくバルーンクラブ 全員無事とのこと

その他、胆沢バルーンクラブ、迫バルーンクラブなど情報がないですが、内陸部なので大丈夫だろうとのこと。秋田方面は問題なし。

情報が入り次第追加します。3/14 

3/15 今日も連絡の取れない若林区の小松拓夫氏に連絡を取っているが、連絡付かず・・・名取の斉藤氏も安否不明。

茨城大学気球クラブ現役学生は全員無事。県北部はライフラインがとぎれているので、不便とのこと。


3/15 17:30
若林区の小松拓夫の無事を確認。奥さんと電話で話す。まだライフラインの復旧はしていないが、家族無事とのこと。
[PR]
by airspace_balloon | 2011-03-14 05:25 | 気球一般
<< 地震に伴う気球大会の動向 ガス圧の変化で燃費が変わる理由 >>