アンドロイドやガーミンで競技地図を使う方法

ちょっと前の日記に書いたアンドロイドやガーミンで競技地図などを表示させる方法を簡単にまとめてみる。

アンドロイドでは表示させる方法は大きく分けて2種類ある。OZIを使用して作成したデータを表示できるソフトを使用する方法と、カシミールを使用してマップカッターというソフトを使用してデータを切り出す方法の2種類がある。今回は、カシミールベースのデータから切り出した物を使用したYamanaviというソフトを使用した。

カシミールで競技地図の画像データを使用するためには、画像データをカシミール上で正確な位置にマッピングする必要がある。この作業には、色々な方法があるので、その一つの方法として自分の使用したのは、まず細かい計算で画像の4棲みのポイントの緯度経度を正確に割り出してその数値を入力した。そのデータをKMZ形式にしてカシミールから出力し、そのデータをグーグルアースの画像と重ねて誤差がないかのチェックをした。

そのデータを、カシミールのアドオンソフト、マップカッターから切り出して使用した。

ガーミンのカスタムマップもカシミールからKMZ形式で切り出した物をコロラドやオレゴンのカスタムマップフォルダーに転送して表示設定をすることで使用できるようになる。

それぞれのソフトなどで表示できる範囲の制約などがあるのでそのあたりはソフトやハードの制約による注意が必要だが。

あまり詳しい説明ではないが、まずはカシミール上で使用できるように正確にマッピングすることでアンドロイドにも、ガーミンにも使用できるデータ化するのは簡単にできるということだ。
[PR]
by airspace_balloon | 2010-09-16 08:14 | 気球技術系
<< コロラドやオレゴンをバスケット... Orego450でも競技地図は... >>